二日酔いに効く方法、ならない方法、解消方法などをご紹介!

酔いのメカニズム

酔いのメカニズム

画像の説明

そもそもなぜ、人はお酒を飲むと酔っ払うのか?
なぜ、翌日になってまで二日酔いというものに苦しまされるのか?

こうしたメカニズムを知ることで、「二日酔いにならない方法」あるいは「二日酔いの症状が楽になる」ということに効果的な方法を探すうえでも、決して無駄な知識ではないと思います。

まず、あまたあるお酒の種類「ビール」「焼酎」「日本酒」「ワイン」「泡盛」「ウィスキー」「ブランデー」などなど数え上げればきりがないお酒ですが、これらのお酒を飲むと約20%が胃で吸収され残り約80%が小腸で給されます。

そして、口から入ったアルコールは、ものの数分もしないうちに血管に入り、全身に回っていきます。気分が高揚したり、足元がおぼつかなくなったり呂律が回らなくなると言う「酔い」の状態は、このように体内に入ったアルコールが脳の活動を麻痺させることによってもたらされます。

しかし、人の体もこのアルコールに対して麻痺されていくのを黙っているわけではありません。

どんどん流れ込んでくるアルコールを何とか分解し、体外に排出しようと努力しているのです。この努力をしているのが、何をかくそう【肝臓】なのです!

一部のアルコールは、汗や尿・呼気とともに体外へ排出されていくもののほとんどは、血管をとおって肝臓に運ばれます。

さて、ここからの流れはトップページに記載っせてもらっているので、割愛しますが、次は我々日本人の実に約50%はお酒に弱いということです。

日本人の約半数がお酒に弱い!

画像の説明

お酒の強さは、その人がもつアセトアルデヒト脱水素酵素の遺伝子構造によって決定するのだそうです。

活性型の「アセトアルデヒト」を「代謝」する能力に優れたggタイプに、まったく「代謝」能力を持たない非活性型のaaタイプ、両者を併せ持ったagタイプの3種類が存在する。
aaタイプやagタイプの人は、ggタイプの人に比べて、「アセトアルデヒト」がいつまでも分解されずに体内に残ることとなり、その影響を受けやすい。いわゆる「お酒に弱い人」となります。

aaタイプに至っては、本当にコップ一杯のビールで倒れてしまうくらい、アルコールを受け付けない体質なのです。

人種別にみて見ると、黒人と白人はすべてggタイプでaaタイプやagタイプは存在しないのだそうです。ところが、我々日本人を含むモンゴロイドには、aaタイプが約5%、agタイプが約45%存在し、残りの約半数がggタイプとなるのだそうです。

そして、aaタイプやagタイプの人は、そのことが分かるから全くアルコールを口にしなかったらり、節度のある飲み方が出来るのだと思います。
※もちろん例外はあります。

そして、二日酔いになってしまうのはそのほとんどがggタイプと言えます。
自分自身は飲めると思っているので。。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional