二日酔いに効く方法、ならない方法、解消方法などをご紹介!

牛乳が胃に膜?

「牛乳が胃に膜を作る」は本当なのか?

おそらくほとんどの人は、子供の頃にー度や二度、両親や学校の先生に「体にいいから牛乳をもっと飲みなさい」などといゎれたことがあるのではないか。「身長を伸ぱすため」といって、パックごと牛乳をがぶ飲みした経験のある方も中にはいるだろう。
豊富な栄養素を含み、健康 美容、体の成長にと、オールマイティーな効果を発揮する牛乳は、まさにいいことづくめの「奇跡の飲み物」。
だからというゎけではないだろうが、大人になって酒飲みとなってからも、この「牛乳パワー」にあやかろうとする人が、世の中にはいるらしい。
「酒を飲む前にあらかじめ牛乳を飲んでおくと、胃に膜が張リ、アルコー
ルが吸収されにくくなって、二日酔いにならない」そんなまことしやかないい伝えが、酒飲みたちの間には秘かに存在するのだ。

だが、果たしてこれは事実なのだろうか?
その答えはNo!牛乳を飲むと胃に膜が張るなどという効果は、医学
的には日期待できないことなのだという。

ただ、これまでこの言い伝えを信じて実践してぃた人も、決してがっかりする必要はない。牛乳をはじめとした乳響四に多く含まれるタンパク質には、肝機能をアップさせ、アルコールを分解しやすくする作用があるそうだ。アルコールが早く分解されれば、その分だけ、翌朝二日酔いにもなりにくい。っまり、酒を飲む前に牛乳を飲んでおくこと自体は、あながちムダなことではないのだ。

人によって個人差もあるが、その効果はなかなかのもの。駅の売店などに売っている牛乳ぴんー本分の量を飲んでおくだけで、翌朝、吐き気や目の痛みなどの症状がぐっと楽になることはうけあいだ。

このように、牛乳は二日酔い予防にも確かな効力を発揮する、酒飲みたちの強い昧方なのである。「牛乳なんて子供の飲むもの」なんて思っている人がもしいるとしたら、今すぐその認識を改めるべきだろう。

それでも、どうしても牛乳を飲む気がしないというならば、では同じ乳製品のチーズはいかがだろうか。チーズならば、牛乳と同じように夕ンパク質が豊富に含まれてぃるし、ワインなどともよく合うので、飲みはじめてからの手軽なおっまみとしても絶好だ。

居酒屋、バーでジョッキやグラスを傾けている世のおじさんたちは、やはり牛乳よりもこちらの方がお似合いのよーっな気がしますが。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional