二日酔いに効く方法、ならない方法、解消方法などをご紹介!

二日酔いとおつまみ

二日酔いとおつまみ

皆さんは、お酒を飲むときにおつまみを食べられるでしょうか?
また、食べるとしたら何を食べますか?

それぞれ好みもあるでしょうし、十人十色の答えが返ってきそうですが、
居酒屋などに行った時は、とりあえずビールと枝豆なんて組み合わせを
注文される方も多いのではないでしょうか。

そう、この枝豆は茹でて塩をかけるだけのお手軽料理で出てくるのも早いですし
何といってもビールに合うことで、世の酒飲みたちに広く愛されています。

さて、この枝豆とビールという組み合わせ、単に相性がいいだけでなく
実は二日酔い対策という面でも非常に好ましい組み合わせなのです。


ご存知の通り、枝豆は大豆が完熟する前に枝ごと収穫したものです。
いうなれば、枝豆は大豆の子どものようなものです。

しかしながら、枝豆には多く含まれているとある成分が大豆には一切含まれていない
成分があります。


それが、ビタミンCなのです!


枝豆を100グラム食べると、人間が1日に必要とするビタミンCの約半分を摂取できるほどビタミンCが豊富なのです。そして、そのビタミンCには、悪酔い、二日酔いを防ぐ作用があるのです。

しかも、大豆同様に良質のたんぱく質やレシチンなどの成分も補給できるので、肝臓への負担も和らげる効果を併せ持ちます。

ちなみに先ほどあげた100グラムがどれくらいの量かというと、鞘つきのものでだいたい大人の男性の一握り分くkらいです。おつまみとしてテーブルに乗っていれば、無意識のうちに食べれてしまう量ですよね。

もちろん、ビールだけでなく他のお酒にも有効ですのでお酒を飲む際のお供にお勧めします。


余談ですが、タバコを吸う方にとっては、タバコを吸うこと絵体内のビタミンCを破壊してしまうので、少し意識して食べるくらいでちょうどいいかもしれないですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional